安全の確認と合図・警音器の使用

運転時の安全の確認と合図とは、車を運転時に行う安全性を確保するための確認作業や合図のことです。 車の方向指示器とドアミラーやハザードランプや停止表示機材などを使用して行います。

運転時の安全の確認と合図を行う時期としては、右折と左折などや進路変更や危険回避時の止む終えない行動、徐行と停止や故障や事故時の危険を知らせる目的のための合図時などに行います。

運転時の安全の確認と合図を行う目的は、車の運転動作に移る前に周りに危険な要素がないかを確認して危険を回避したり、自分が行う動作を事前に周囲に伝えることにより安全上の意思の疎通を図ることを目的にしています。

運転時の警音器の使用とは、車の運転時に警報機を鳴らす行動の事です。 通常は車内に設置されているクラクションなどを使用して行います。

運転時の警音器の使用の目的は周りに音を出すことにより、周りの注意を喚起して危険回避を行う目的で行われます。

クラクションは標識で指示された場合か、危険回避等の止む終えない事情の時にだけの使用にとどめる必要があります。 必要もないのに無闇にクラクションを鳴らす行為は騒音上の迷惑になるだけでなく、周りの運転者に不快な思いをことさせるのでやってはいけないです。

これらの安全確認や危険回避行動などは、自動車教習所で行う教習内容や法律で定められた交通法規などを参考にすると理解しやすいです。