合図を行う場合と方法

自動車を運転していれば、直進だけでは終わるわけがないです。 右左折したり減速したりバックしたり停車したりと。

これらの事を行うときは、ウィンカーを出して後続車に知らせるのが当たり前です。

まずは、進路変更するとき。 右左折や車線変更の時です。まずは、ウインカーを出して後続車に知らせます。 そして左右後方前方の安全確認を行います。ドアミラーやバックミラーと目視で安全だとわかったら、ウインカーを出したほうに曲がります。 交差点での左折の場合は、内輪差もありますので、助手席側に自転車や歩行者がいないことを確かめます。

これは転回するときも同じですが、特に注意しないといけません。 反対側車線の自動車にも気を使わないといけません。 やりかたとしては、ウインカーを出すタイミングと安全確認のタイミングは同じです。 ただ、タイミングは対向車がいないことが絶対条件です。そうでもしないと衝突事故が起きます。

徐行は、徐行する前にハザードを出して後続車に知らせます。 このパターンは、高速道路での渋滞発生時にやるものであり、最後尾の自動車がこれを行い、後続車に渋滞していることを教えます。

後退は、ハザードを出して後続車を先に行かせてから停車します。 安全確認の方法は前後左右をドアミラーやバックミラーや目視で確認し、周囲に自動車がいなければ、ハザードを出したままゆっくりと行います。

コメントを受け付けておりません。