安全確認の方法

自動車教習所では、カーブを曲がるときなど、極端に思えるほど右見て、左見ての安全確認をやらされたと思います。安全運転の基本は、制限速度を守り、急発進、急ブレーキを避け、そして前方、後方、左右の確認をしっかり行うことです。前方の確認をしっかり行っているのに、後方の確認が疎かになるドライバーが少なくありません。後方の確認は基本的にルームミラーとドアミラー、そして目視で行いますが、常に後方を意識していることで、車線を変更するときにスムーズな変更が可能になります。ミラー関しては、純正のミラーでも問題ありませんが、広角に見えるミラーなども販売されているので、より後方の安全を求める方にはおすすめです。

ところで、車線変更を行う場合は、方向指示器を点滅させて合図を行いますが、この方向指示器を出さずに急に車線を変更するドライバーが少なくありません。また、余裕がないのに強引に入り込んでくるドライバーもいれば、車線変更をわざとさせないドライバーもいるようです。これはどちらも大変危険なことですし、マナーもよくありません。中には気分を害してトラブルになることもあるので、マナーはよく守り、互いのことを考えて運転するように心がけるのが大切ですね。

コメントを受け付けておりません。