安全の確認手順

まず発進するときは、目視で左右の安全確認をするというのが教習所で習いますが、ドア・ルームミラーでも後部の安全確認を確実にしないといけません。

でも、実際の所は確認して異常なしと思って発進しようとしたら、いきなり自転車や歩行者がいて気が付かずに跳ね飛ばすという事故が実際にあります。

ほんの数秒ではありますが、状況は変化するものです。特に二輪車はいきなり背後から来ますので、歩行者や自転車よりその存在に気づきにくいです。

では、そんな事故を防ぐためにはどうしたらよいのか。一度安全確認をしていますが、ウィンカーを出して出る際に改めに前後左右の安全確認を済度する事です。 こうすることで、事故の確率を低下させることが出来ます。

でも、教習所の教官が口をそろえて言うのが目視が大事だという事です。 自分の目で状況を確かめたほうが確実であり、安全確認以外でも日常生活でも確実な方法と言えます。

ですので、安全の確認手順は前後左右を見て、ウィンカーを出して発信する直前にもう一度、前後左右の安全確認を行う。 因みに配送業者のドライバーはトラックに乗車するときに反時計回りでトラックの周囲の安全確認を行ってからトラックに乗車します。

コメントを受け付けておりません。