警音器を使用する場合

警音器を使用する場合は警笛鳴らせの標識がある警笛区間のみに決められています。
この区間以外で警笛を使用することは禁止されており、警笛を使用する理由として、ミラーなどを設置するスペースが無く、カーブなどが連続する区間で、対向車が来ているかどうか分からないところが区間に指定されていることがあります。
この区間では警笛を鳴らさなければ対向車が来ているかどうか非常にわかりにくく、警笛を鳴らさなければ衝突事故を起こしてしまう可能性もあります。
しかしながら警笛を鳴らすところは区間の中でも標識があるところだけです。
その区間にいる間警笛を鳴らし続けるのではありません。
警笛を鳴らし続けることは非常に近隣住民にとって迷惑であり、騒音などの被害を起こす可能性があります。
必ず標識があるところで警笛を使用するようにしましょう。
また、カーブなどで警笛音が聞こえなかったからという理由で対向車が来ていないと判断するのはやめましょう。
警笛を鳴らさずにカーブに侵入してくる可能性もあります。
このような場合、衝突事故などの危険性が有りますので、カーブに進入するさいは警笛の有る無しに関わらず、細心の注意を払い徐行して進入するようにしましょう。

コメントを受け付けておりません。