黄の線を越えて進路を変えてはいけません

道路上に色々と書かれてあるペイントの部分があります。これらのペイントはただ単に書かれているものではないのです。これは立派な道路標示となるもので、その具体的な意味も道路交通法によって定められているものとなっております。従いまして道路を通行する全ての人は、その道路標示の意味に従って通行していかなければならないことになるのです。案内の表示だけではないことを気をつけておきたいものです。
これらの種類も非常に多くあるのですが、中には車両通行帯に関係するものも幾つかあります。これは車線とかレーンという形で表現されたりもするのですが、同じ方向に向かって進む車の列を作り出すものと考えられると良いでしょう。列を作るということは、その流れを作り出すために区画線を引くことが必要となります。実際の道路上にも隣の車線との間に線が引かれている光景を見られるのではないでしょうか。そしてよくよくその線を観察してみますと、実線であったり破線であったりしてもいます。また色の違いもあることがわかるでしょう。
その中で黄色の実線で引かれている区画線を見ることがあります。特に交差点付近に多くあるものですが、ここでは進路変更が禁止となります。何らかの形で他の車両との接触が考えられるからそのようになっているのです。

コメントを受け付けておりません。