前の車が交差点や踏切で停止や徐行しているときの注意点

みなさんは車を運転中に、安全に気を配っていることでしょう。道路上には至る所に危険なものがありますから、それを常に見張りながら運転して行かなければならないのです。それができなかった時に、不意に交通事故になったりするのです。道路の特徴を理解することでも危険を避けることができるようにもなります。
君子危うきに近寄らずということわざがありますが、道路を通行する上では特にこの考え方が基本となります。特にこの考え方が当てはまる状況というのは、自分の進行方向の先が混雑しているような時が該当するのではないでしょうか。渋滞中を中心として、どうしても車が進まないような状況はあるものです。そのような時に無理して前に詰めて止まっても意味のないことになります。それよりもわざと前車との間隔を開けて、危険を避けるような配慮をしておく方が良いのです。
それが交差点であれば尚更気配りが必要となるでしょう。もしその中に入って止まってしまった場合には、反対方向からの車の進行を妨げることとなります。余計に渋滞を招くことは言うまでもありません。また踏切内では、事態は更に深刻になります。列車が来たらぶつかるしか無いと思って下さい。命に関わることとなります。

コメントを受け付けておりません。