みだりに(正当な理由がない)進路変更をしてはいけない

私たちが毎日暮らしているのは、人間社会において暮らしているということになります。そこには非常に多くの人が存在し、同じ場所を共有することとなっているのです。同じ人間でありながらも、個人個人によって考え方や価値観が大幅に変わってきます。色々な思想がある中でお互いが共存するためには、それなりの配慮やルールが必要となるのです。そのような取り決めをしておきながら、私たちは生活をしていることとなります。
その取り決めは至る所に細分化されてあるものです。例えばそれは道路上にも存在します。道路とは違う場所に移動するための道であり、毎日多くの方が利用しています。それも色々な立場で利用されているのです。自動車に乗って移動される方もいらっしゃれば、歩行者という立場で歩いて目的地まで向かわれる方もいらっしゃいます。特に車関係は速度を出しながら移動しますので、危険も伴うこととなります。そのようなことから、危険な運転行動は慎むことがルールでもあり、またマナーとしても考えられているのです。
実際に道路を通行する車の動きを見てみますと、先を急ぐために進路変更を繰り返している車を見かけますが、これは明らかに危険な行為であり、絶対にしてはいけません。道路交通法の中でも禁止されている内容なのです。

コメントを受け付けておりません。