進路変更について

進路変更とは同一方向に車両通行帯があって2車線以上ある道路で、自分が走行している車両通行帯から別の車両通行帯に移ることで、同一の車両通行帯内でも進路延長方向に対して斜めに向いて進行することもこれに含まれます。この行為を行う時というのは左側車線を車で走行している時に、前の車を追い越す際に車両通行帯を変更することが多いです。
その場合は車線を変更することが前後の車に分かるようにウインカーで合図を行いながら、斜め方向に前進していきます。右車線に移ることですが、スムーズに変更する形がのぞましく、移ろうとしている車線の後方から車が走行しており、後続の車の妨げになったり、割り込んで車線の変更がないように確認しながら移ります。
車線を変更しようとする車線から自分の車よりも早いスピードで来ている車の前に移ることは、危険であり後続車の運転の妨げになっています。特にこのような走行は高速道路を走行している時によく見られる光景で、車線を変更する時は充分に確認を行いながら変更することを心掛けましょう。基本的には運転中は車線を変更しないことが望ましいのですが、後続車を追い越すために車線を右車線に変更して追い越しをした後は左側の車線に戻るようにしましょう。

コメントを受け付けておりません。